<< 主治医との関係 | main | そろそろ短い冬が終わりそうですねぇ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
子どもの便秘症
子どもの便秘症に悩んでいるお母さんはこの中にどのくらいいるでしょう?実際はどの程度ならば便秘症というのでしょう?

便秘にあまり、決まった定義はありません。つまり、普段ならばこのくらいの頻度でこのくらいの量の便が出るのに今はでない・・・。というのが定義になります。つまり、赤ちゃんのころから出にくい子は便秘というよりはもともとそのような体質であるという方が正しいかもしれませんね。でも・・・明らかに!という子はいますよね。

僕がよく関わっていたダウン症のこどもたちは腹筋の発達(実際には体中の全ての筋肉の発達)が普通の子に比べて悪いのできばることがなかなかできず、腸の動きも悪くなりがちなので便秘症は大きな問題になります。また、障害児と呼ばれる脳性まひの子供さんたちもそういう傾向が強いです。では、実際にはどう対処しましょう?

・水分をたくさん摂る・・・正しいように思えて効果はあまりありません。体の中の水分バランスは汗と尿で通常はプラスマイナスされています。なので、水分が足りなければ汗や尿が減り、足りていれば増えます。なので、多少大腸での水分吸収に影響はあるかもしれませんが、たくさん水分をとってもうんちの水分量はあまり増えません。ですが、腸の刺激にはなるので寝る前に水を飲んで寝ることは朝の排便につながる可能性があります。
・繊維質をたくさん摂る・・・これは効果が期待できます。たくさんの繊維質は腸における便の通過時間を短縮する力があります。また、腸内を清掃もしてくれます。
・規則正しい食事時間と適切な量を摂る・・・これも効果があるでしょう。食べないと出るものも出ません。
・発酵乳製品:ヨーグルトなどは便秘に効果が期待できます。これは腸内細菌の作用を調整する役割があるからですね。もちろん、劇的というわけには行きません。それと同じ作用で市販されているマルツエキスなどの腸内細菌の作用を改善する糖成分などもあります。赤ちゃんなどで便秘薬を使う前に試してみる価値はありそうですね。

これでもダメなら他力本願しかありません。
1.便秘薬:これには便自体を柔らかくする(大腸での水分吸収を抑制する)ことで便を出すもの・・・これはウンチが固くて便秘の場合に効果があります。特に子どもで便が硬いのでうんちをしたくない→便意がそのうちなくなる→停滞するという悪循環になります。もう一つは腸を無理やり動かして便を出すもの・・・これは出た便は硬くないものの頻度が少なくてお腹が張ってくる場合に効果があります。数日に1回という漢字の頻度で使っていくことが多いですね。前者は酸化マグネシウム、硫酸マグネシウムなど後者はグリセリン浣腸、ラキ○ベロンなどが代表的ですね。ただ、後者はだんだん、腸が慣れてきて必要量が増えていく可能性があるので漫然と連日や長期間使うことには僕は反対です。たまに使うのは全然問題ありません。前者の方が比較的安全です。なのでその人、その子の便秘の方に応じた薬の選び方が重要です。
2.綿棒刺激:これは赤ちゃんに効果的ですね。肛門から綿棒の先の5mmから1cmくらいを突っ込んで肛門の穴を広げるような感じ丸を描くように刺激すると効果的です。あまり、肛門に近づきすぎると突然出てきたうんちが顔にかかることがあるので注意してくださいね。
3.お腹マッサージ:毎日、寝る前や起床時におへそから「の」の字を書くようにやさしくちょっと押しながらマッサージしてあげましょう。意外と効果的です。

補足ですが、ミルク栄養児よりも母乳栄養時のほうが便秘は少ないです。生まれて1年くらいで腸の中の細菌のバランスが出来上がります。そのときに善玉菌と呼ばれるうんちによい菌の数が多いほど便秘にはなりにくいといわれています。母乳にはそれの繁殖を助ける作用があるといわれています。つまり、便秘の子には人為的にヨーグルトは食べさせてもよいのです。逆に下痢のときにも発酵しているヨーグルトは乳製品ですが食べさせてもよいですし、下痢を改善する効果が十分期待できるのですよ。今書いたことは決して子どもに限ったことではありません。大人でも十分通用します。ただ、大人の場合は圧倒的に運動不足であることが多いですけど・・・。また、女性は比較的若いころから便秘気味の人が多いのであまり、歳をとっても問題になりませんが、男性は若いころはお腹に力があるのであまり、便秘になりません。お腹の力で出せるのです。ただ、加齢とともにその力が衰えて歳をとると便秘になってくる人が増えてきます。今までなったことがないので男性は不安に陥り、実は高齢者の便秘うつ病というのが男性にとても多いのです。便秘にしても女性は強いんですね。

ちなみに・・・
これはマウントガンビアというBlue Lakeがある町のど真ん中に開いている穴です。この町は洞窟の町なので町の地下にはいたるところに穴が開いているそうですよ。突然崩落しないんですかね・・・。


これはマウントガンビアから北へ100kmナラクートと言う町にある鍾乳洞です。この周辺もこんな穴が地上に開いていてその昔、その穴に落ちた動物が鍾乳洞のおかげで化石になって残っています。昔の有袋類の化石がたくさんでるので世界遺産になっています。この写真の上に写っているのが鍾乳洞で下にあるのはそれが水面に反射しているものです。上下対称に見えますか?


次はマレーブリッジと呼ばれる橋です。この橋はオーストラリアでも最も大きいとされるマレー川に最初に架かった橋です。と言っても高々百数十年前ですが、歴史が浅いオーストラリアではこれでも、立派な古い歴史的観光地なんです。
カテゴリ:ちょっと気になるこどものこと | 21:42 | comments(19) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:42 | - | -
コメント
先日、7歳の子供が熱性けいれんをおこしてしまい、今度脳波の検査をすることになりました。発熱して病院に行ったら7歳なので、痙攣止めは使わなくて良いといわれ初めてやめたらいきなり起こしてしまいました。いつまで使うのがいいのでしょうか?熱は39.4度でした。けいれんは1歳、3歳とこれで3度目です。
| あお | 2007/07/21 10:18 PM |
あおさん:これはうちにもやがてやってくる問題です。今回のけいれんの長さやひどさは以前と比べてどうでしたか?体が大きい分派手に見えたかもしれませんが、もし、以前に比べて軽いものであれば徐々に改善していると言えますね。そうであれば、最低6ヶ月くらいでしょうか?決まりはないので6〜12ヵ月後に再び中止にトライすることになると思います。ただ、今回のけいれんがとても短く、意識もすぐに戻ったとするならば今後も重症になることは極めて稀だと思いますのであえてなしで見る選択肢もあります。
| Dr.TERU | 2007/07/21 11:41 PM |
おはようございます、テル先生!
マウントガンビアにナラコート!
私も行きました。といっても私の場合は観光ではなくマウントガンビアへは、メルボルンへの通過地点として、ナラコートは彼の親戚訪問のとき・・・。ここにアップされている写真を彼に見せたら、見事に場所を当ててました!特にあのえびは笑ってましたよ。
今回は便秘のトピックで、興味深く読ませていただきました。というのも私は子供ではなく、ちょっとしたおばさんの域に入っているのですが、すんごい便秘だからです。
妊娠してから、ますますひどくなりました・・・。
はっきり言って、兎ベンが3,4日に2,3個です・・・。
すみません、汚い話で・・・。
産科の先生に言わせたら、水を飲めと・・・。
でもてるせんせいが書かれているように私にとって水は
頻尿の元でしかありません・・。
ということで、薬に頼ろうかとそろそろかんがえています。
センナコットを試してみたのですが、おなかが痛くなりすぎる割には効果がなく、一回でやめです。
酸化マグネシウム、硫酸マグネシウムは妊婦でも服用していいものですかね??
次に試そうと思っているのが、酸化マグネシウム、硫酸マグネシウムか、コロキシールドロップ、リゾリウム??!!これはマグネシウムの親戚ですか??などです。
妊婦にお勧めの便秘薬を教えてくれると助かります・・・。
毎度毎度すみません・・・。
| ボニー | 2007/07/22 5:56 AM |
ボニーさん:妊娠中の下剤はなかなか難しいですよね。どれも子宮収縮作用があったりしてとても使いにくいです。最近、日本でもNaHCO3製剤などが妊婦さんなどでも安全に使えると言うことらしいですが、酸化マグネシウムにしてもそのほかにしてもあまり、強く反応するものはよくないようですね。でも、安定期は少々ならば大丈夫でしょう。便秘自体できばることもよくないですしね・・・。
| Dr.TERU | 2007/07/22 9:31 PM |
便秘・・・うちは長男が便秘で一週間近く出ないことがありました。乳児時代。でもおなかを壊す事も少ないんです。

私本人は妊婦時代と授乳期が苦しかったですね。
妊婦時代は食べ物も減るし・・・授乳期はおっぱいで
水分が取られる(TERU先生説と違う??)感じもして。
でも飲むとおっぱいジャージャーでやっぱり便秘。

自分が妊婦を卒業して知ったのは
ホメオパシー。妊婦さん赤ちゃんオッケーです。
TERU先生、ボニーさんご存知でした?
| チョコひげ | 2007/07/22 10:49 PM |
チョコひげさん:ホメオパシーに関しては僕も少しならば知っています。ただ、現時点で科学的根拠が示されていないことから言うと医者の僕が勧めるわけにはいかないというところでしょうか。アレルギーの減感作療法に似ているところもありますが、減感作療法とは全く医学的には異なるので個人的には科学者の端くれなのであまり、真剣には考えたことなかったですね。あと水分をたくさん飲んでもうんちはなかなか柔らかくなりませんが、水分が足らなくなると大腸からの水分吸収が更新するので便秘がちになってもおかしくありません。
| Dr.TERU | 2007/07/22 11:30 PM |
TERU先生、おはようございます。

便秘の話、人事じゃありません。
私自身も一週間音沙汰ないのは当たり前。
かなり辛いです。
でも、気になるのが4歳の息子。
おしっこの方は完璧にできるのですが、排便がどうしてもトイレでできないんです。
力んでいるときにトイレに座らせると、ピタッと止まってしまいます。
何度もパンツを汚すのでイライラしがちになり、
怒るとますます便意はあるのに出せないという悪循環におちいっています。
今は、トイレでさせるのはあきらめてとりあえずどこでもいいから「出す」という方にさせていますが・・・。
本音は早く完全にオムツを取りたい・・というところです。

私達親子が便秘解消にとオリゴ糖を摂取し始めたところ、
2〜3日に1回ですが、いい感じに出るようになりました。
でも、やめたらまたもとに戻ってしまうんでしょうかね。







| いちご | 2007/07/23 9:25 AM |
いちごさん:こんにちは。そうですね・・・。戻ってしまう可能性ももちろんあるのですが、お子さんの場合はトイレでの排便習慣がちゃんとつくと便秘解消になるかもしれませんね。おっしゃるとおり、悪循環が大きな原因と言えるかもしれません。問題はトイレでなぜ、排便が嫌なのか?そこですねぇ。トイレ自体がこわいのか、便器が大きくて怖いのか、冷たい便器に座るのがいやなのか?便器に子供用のおまるをはめてしてみてもだめですかねぇ。そこの工夫が解決につながるかもしれませんね。
| Dr.TERU | 2007/07/23 9:46 AM |
科学的根拠・・・なるほど。
生命の神秘は計り知れない事が多いので
こういうのがあっても不思議じゃないかなと
思っていました。
妊娠中や授乳中は藁にもすがる思いってのが
結構あるもので・・・。

そうですよね〜 小児科の先生の
ブログで書くことじゃなかったかも・・・
ごめんなさいぃいい〜 _| ̄|○
| またまたチョコひげ | 2007/07/23 9:58 AM |
チョコさん:別にいいんですよぉ。世の中、いろんな治療法がありますしね。癌に対する民間療法もたくさんありますし、僕はそれを否定はしませんよぉ。ただ、科学的根拠のある治療法をしっかりとしつつ、その補助療法として行うならば・・・という条件がつきますけどね。街角でよく行っている手かざしなんかもイギリスではちゃんとした研究対象になっており、保険もきくとか。なので、その人がよいと思って行い、それで本当に効果があればよいと思います。ただし、その効果は必ず、主観ではなくて客観的に評価されるべきです。それが科学なので・・・。
| Dr.TERU | 2007/07/23 10:12 AM |
お返事ありがとうございました。先生のおっしゃる通り、体が大きいので、ほんとにびっくりして動揺しました。1分もなかったと思いますが、過去のけいれんと全く同じ感じでした。ほかの兄弟に比べて、小さい時から熱の上がり方が短時間にビューンとあがり高熱になりやすいのですが、体質なのでしょうか?とても食が細くやせているのですが、やせていることと熱がビューンと上がることとは関係ありますか?怖くて再度トライする勇気がもてないです・・。
| あお | 2007/07/24 9:44 PM |
そうですね・・・再度トライする勇気はなかなかでませんよね。だとするならば、とりあえず、6ヶ月から1年と言うところだと思います。けいれんの時間も短かった(長く感じたでしょうが)ようですし、意識の戻りもよかったようでしたら、まず、心配なく、治まる日が来るはずですよ。大丈夫!
| Dr.TERU | 2007/07/24 10:07 PM |
先生、ありがとうございます。けいれんをおこしてしまい落ち込んでいたので、先生の「大丈夫」の文字に本当に元気をいただきました。ありがとうございました。
| あお | 2007/07/25 8:21 PM |
テル先生、チョコひげさん、情報ありがとうございます。
便秘・・・。何とか直したいものです。焼き芋これから食べます・・・。
| ボニー | 2007/07/26 7:52 PM |
Dr.TERU 先生こんちちは。
近所の女の子(2歳)が今日、救急車で病院に運ばれ午後には戻ってきたのですが、ウンチをふんばっていたら意識を失って倒れてしまったとのことでした。もともと食の細い子のようなのですが、このように便をイキむだけで卒倒してしまうことは子供には良くあることなのでしょうか?
我が子に起きたらどうしようと心配になってしまいました。
宜しく御願いします。
| ロッシ | 2007/08/27 6:56 PM |
子供では比較的頻度は少ないですね。でも、あります。大人は非常に多いですね。教科書的には大便をした後などに血管運動神経発作と呼ばれる体の反応で血圧が急激に下がって意識がなくなることが多いのですが、人によってそれが、強くいきんだ後であったり、我慢していた大量のおしっこをしたあとにそういう反射がおこって血圧が下がるために起こります。なので、よくあることですが、周囲はかなりビビりますね。通常は救急車で病院に来た頃には意識が戻っていることが多いです。対応としてはすぐに頭を下にして足を上にあげるようにして寝かせて待つことになります。ただ、その欠陥反射による失神なのか、怖い病気なのかはわからないので基本的には救急車を呼ぶのが賢明だと思います。頻度的には少ないのであまり、心配しないでくださいね。
| Dr.TERU | 2007/08/27 9:18 PM |
Dr.TERUありがとうございました。
勉強になりました。
| ロッシ | 2007/08/28 8:17 AM |
TERU先生 こんばんは。初めまして。中3の娘なんですが、今年4月から今までに8キロダイエットしまして、生理が止まり、同時に便秘になっています。3日に一度ほど出たり。
、出なかったりだそうです。感情のコントロールもうまくできなくなっているようで、おこってばっかりいます。これから高校受験があり、大変な時期になるので、受信したほうがいいのでしょうか?内科、小児科、心療内科どこがいいのでしょうか?
| ちぃさ♪ | 2011/09/05 11:15 PM |
便秘についてとてもわかりやすく、勉強させていただきました。

4歳の長男が1年前から便秘になり、今は漢方薬や酸化マグネシウム、ラキソベロンを使用しています。
1ヶ月前より酸化マグネシウムが増量になり、2.0g/日内服しています。
牛乳が大好きで400〜500ml/日は飲んでいるのですが、内服時も牛乳を飲んでいました。どの程度飲んでも大丈夫でしょうか?
薬剤師さんからは牛乳を飲んで30分経過したら、内服させてもよいと説明がありましたが、大丈夫でしょうか?
最近、元気はあるのですが食欲が減ってきたように感じます。子どものミルクアルカローシスの症状とはどういう症状がでてきますか?
長々と申し訳ありません。
| ター | 2017/05/05 11:06 AM |
コメントする