<< アデノウイルスかぁ? | main | エンテロウイルスだったかもねぇ・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
Kakadu National Park in Northern Territory(北部準州にあるカカドゥ国立公園)に行って来ました
また、子供のことと関係なくてすみません・・・。おかげさまで長男も今朝から解熱傾向のようです。扁桃腺に白い滲出物が付着していることもかんがみて、やはり、アデノウイルス感染症ではないかなぁと思っています。

さてさて・・・

昔からの夢であったカカドゥ国立公園に行ってきましたぁ〜。日本でもよ〜く自然関係のテレビ番組とかでカカドゥ国立公園を放送していたのを昔から見ていたのですが、あの大自然を一度でいいから、見てみた〜いと思っていたんですね。でも、まさかその時にはオーストラリアに住むことができるチャンスが来るとは思っていなかったので・・・。でも、オーストラリアにしばらく住むことができることが決まって絶対に訪問したいと思っていたところだったんです。

興味のない方はどうぞ、他のページへ・・・。

さて、オーストラリアでの北部準州は北のダーウィンから中央部のアリススプリングス(エアーズロックの近く)までとても広いエリアです。なので、このダーウィン、カカドゥ周辺はオーストラリア人からもTop Endと呼ばれているところです。そして、ダーウィンは第二次世界大戦で日本軍から直接爆撃を受けた土地です。なので、日本人としてはちょっと気分的に難しい土地ですね。記念館や記念碑もあるくらいですから・・・まだ、反日感情を持った方が居られても不思議ではないです。
カカドゥ国立公園のうんちくから・・・ここはもともとアボリジニーの人たちの土地です。特にこの一体はガガジュ族と呼ばれるアボリジニーの人たちが住んでいたことからこの名がついたそうですよぉ。確かにダーウィン空港を降り立つとたくさんのアボリジニーの人たちに出会うことができます。カカドゥ国立公園のレンジャーの3分の1がアボリジニーの人たちによって占められています。そして、この地域にはそう、お目当ての一つであるクロコダイル(ワニ)がたくさん生息しています。大きく分けると・・・
Salt Water Crocodile(これはかなり、危険で人を襲って食べちゃう可能性があります。)



Flesh Water Crocodile(これは少し小型で食べることはありませんが、襲って怪我をさせる可能性はあります。)

の2種類が生息しているのです。この地域は日本の秋から冬の時期が雨季、日本の春から夏の時期が乾季になっています。雨季には道路が水で寸断されて乾季にしか行くことができない場所もたくさんあります。なので、観光は必然的に乾季がメインになりますよね。そして、基本的に乾季の初めにどこの川にワニが入り込んでいるかをチェックすることになっているのですが、

「ここは泳いでも良いです・・・」とか

「ここは泳いではダメです・・・」とか

書いてあるのです。ただ、泳いでも良いですというところでも

「ワニはこの周囲では見つかっていませんが、見つけられなかっただけかもしれないので泳ぐならば個人の責任でお願いします・・・」

と書いてあるのですよ・・・恐るべし。

まず、1日目

Darwin空港→Adelaide Riverでのジャンピングクロコダイルツアー→Ubirrでの壁画と絶景を見て来ましたよ。

「えさに向かってジャ〜ンプ!これ、野生ですよ、野生!!!」

「オスのSalt Water Crocodileです。ここの80%がメスらしいですよ。オスはでかい!こわい!」

「Ubirrから見えるカカドゥの湿地帯で〜す。写真だとなかなかすごさが伝わりませんねぇ」

「遠くに見える岩山がArhnem Landと呼ばれるアボリジニーの人のみが入ることを許される土地です」


そして、2日目

早朝6:30からのYellow Water Cruiseという雨季には川であったところが乾季には巨大な水たまり(こちらではBillabongと言います。)へ船で野鳥や大自然を見にいきました!→Norlangieというここも壁画で有名なところ→乾季にしかいけないJim Jim Fall, Twin Fallと呼ばれる観光の目玉の滝へ行って泳いできました!

「夜明けのBillabongです。野鳥たちが起きはじめていて独特の雰囲気ですねぇ」

「夜が明けきったところです。きれいですが、蚊がいっぱいです・・・。」

「Norlangieの壁画・・・不思議ですよね・・・」

「Twin Fallに行くまでの道の途中・・・。深さ60cmちょいの川も自分で運転して渡ります。ちょっと緊張・・・でも、Wildさにどきどき」

「Twin Fall。ここにも滝つぼがあるのですが、ワニがいるので泳げません・・・」

「Jim Jim Fallです。ここではみんなで泳ぎましたよぉ・・・でも、自己責任です」

そして、3日目

アボリジニーのカルチャーセンター・・・そして、また、Magukと呼ばれる別の滝へ行って泳いできました!


「途中のワニに注意の看板の一部です。日本ではなかなかお目にかかれませんよねぇ」


そして、4日目

Darwin市内を観光してきました。

「南国っぽいところで小さいですが、きれいな町でしたよ。」

とっても短い旅でしたが、ほぼ全ての観光スポットを見て回ることができたのでとても有意義に過ごしてきました。子供たちが発熱しなければもっと良かったんですけどね・・・。でも、長い距離もみんなちゃんと歩いてくれたし、それほど熱で何もできないと言うことではなかったのでよかったよかった。ある程度、記憶に残ってくれるといいなぁ・・・。

カテゴリ:日々のつぶやき | 08:13 | comments(24) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:13 | - | -
コメント
カカドゥ公園すてきですね。
大自然に包まれてるって感じです。
以前、ニュージーランドに2年ほど住んでいたことがあります。
そのときから、実は行ってみたい場所の一つだったんですよねー。
でも、オーストラリアにいくことさえできずに、
帰国してきちゃいました。
先生の写真みたら、
やっぱり行っとけばよかったー!、
と、いまさら後悔です…

半年後ですか…
お待ちしております。
いっぱいお土産話聞かせてください。
って、先生忙しいからそんな暇ないかぁ(^^;)
| ふうまはは | 2008/07/04 8:31 PM |
ふうまははさん:ニュージーランドに住んでいたんですね・・・。学生時代に一度だけ旅行したことがあります。また、楽しく外来で話ができればと思います。
| Dr.TERU | 2008/07/04 9:29 PM |
わーお いいなぁ!
オーストラリアぽいですね〜
ジャンプしているワニが勢いあって素敵です。


オーストラリアならではのものは食べましたか?
(ならでは、というか・・)
| araki | 2008/07/05 12:07 AM |
arakiさん:それはウィッチティグラブのことですか?食べる気満々で行ったんですけどねぇ。見つけられなかったのですよ。どうやら、アリススプリングスに行けば食べられるそうなので次回年末辺りにエアーズロックに行くついでに食べてくるばいねぇ〜。
| Dr.TERU | 2008/07/05 12:13 AM |
はじめまして。5歳の娘がおりますmi-mamaと申します。娘が熱性けいれんを起こしたことが過去に3回あったこともあり、TERU先生のブログに出会ってからは、ちょくちょく拝見させていただいていました。息子さんお熱が下がってきたようでよかったですね!!私もなんだかホッとして初コメントさせていただきました。
娘は、生後8か月で初めての発熱で熱性けいれんを起こしました(5分ほど)。その後は1年ほどダイアップを使いましたがそれ以降は、しばらくはけいれんもなく安心しだした頃に、4歳半で1ヶ月の間に二度熱性けいれんをおこしてしまい、最後のけいれんは10分と今までより長かったので、以降半年おきに脳波検査をするようになりました。脳波も1〜2箇所気になる所があったようで、小学校に上がるまではちゃんと検査をしていきましょうと病院では言われましたが、「小学校に上がるまで…」というのはひとつの目安なのでしょうか?もう大丈夫!と安心できる日はくるのかしら・・・と思ってしまいます。
| mi-mama | 2008/07/05 12:21 AM |
mi-mamaさん:そのお気持ちよ〜くわかります。今回もダイアップを使って何とか乗り切った感じです。久しぶりに40度前後が4日間も続きましたからね・・・。就学年齢というのは一つの目安です。その時期を境に頻度が劇的に下がる印象がありますが、きちんとした数字で証明した論文はないかもしれません。熱性けいれんは脳波も当てにならず克服できたかどうかは発熱時に放っておいて見るしか手がないのが実情で小児科医としても実は難しい判断です。就学時になると発熱する頻度が劇的に少なくなるのと発熱してもけいれんするほどにならなくなるのが一番大きな要因だと思いますが、僕自身も小学校5年生の熱性痙攣と言うのを経験したことがあるので我が子もいつダイアップを辞めるべきか悩んでいます。とりあえず、6歳の冬を越えたら・・・と自分では思っています。本当にいつになったら、熟睡できるのでしょうね。
| Dr.TERU | 2008/07/05 12:30 AM |
やはり、ある時期が来たらダイアップに頼らずけいれん起こさないか見るということなんですね。また、今月脳波検査が入っていますが脳波ではそれは判断できないんですね…。娘も最後のけいれんから一年ちょっとが経ちましたが、この一年間は熱を出さないように、風邪をこじらせないように…と神経質なほどに気をつけてしまってきました。以前、先生や奥さまが人ごみをさけてきたといった内容のブログを拝見した時は、私だけじゃないんだ!!!と泣きそうになったくらいです。熱が出るのは怖いけれど、熱が出てみなければ克服したかも分らないとは困ったものですね。。
長くなってしましましたが、もう一点お聞きしてもよろしいでしょうか?(長々と申し訳ありません)脳波検査を行っている病院では、熱性けいれんのある子は抗ヒスタミン剤は飲まないようにと言われたのですが、かかりつけの小児科の先生からは「そんなことはない」と言われまして、風邪の引き始めには必ず抗ヒスタミン剤が処方されています。それで、けいれんを起こしはしていませんが、常にそのことがひっかかっていましたので、TERU先生のお考えを聞かせていただけたらうれしいです。いろいろお聞きしてしまって申し訳ありませんが、宜しくお願いします。
| | 2008/07/05 1:33 AM |
ごめんなさい。上記のname無しは私です。
失礼しました!
| mi-mama | 2008/07/05 1:35 AM |
素敵な写真、楽しませていただきました!

大自然、いいですよね!!
滝も湿原も大好き!それに、車で川を渡るなんて、想像しただけでワクワクします。

日常がドタバタなだけに、大自然の中にいて、ゆっくりとした時間の流れを感じるのが最高です。人間って、所詮ちっぽけな存在だなあなんて考えたりもして。

今は2番目の子が2歳になったばかりで何かと大変なので、しばらくは無難な旅行しかできそうにないですが、カカドゥ国立公園もいつか行ってみたい場所の候補の1つになりました!
| ひかり | 2008/07/05 3:02 PM |
ひかりさん:うちは一番チビが4歳ですが、何とか全て歩いてくれました。あと2年したら、ぜひ、トライしてくださいね。絶対に行く価値のある場所のひとつだと思います。日本人はエアーズロックと違ってほとんどいませんしね。人間はちっぽけなものです。
| Dr.TERU | 2008/07/05 4:07 PM |
祝復活!!
お〜
行ってきた気になりました!(タンズン)
広いですね〜世界観変わりますね〜!

衝撃的なのは立ちワニ。
なんとなくペンギンを彷彿とさせる
かわいらしい??後姿(^^;)

| チョコひげ | 2008/07/05 9:02 PM |
チョコひげさん:復活お祝いサンキューです。そうそうワニは上にジャンプする時に手は「気をつけ!」の姿勢なんですよね〜不思議・・・。
| Dr.TERU | 2008/07/05 9:07 PM |
mi-mamaさん:すみません、なぜか質問に答えた気になっていました・・・。抗ヒスタミン薬とけいれんの関係についてはアレルギーでよく使われていることもあって国立生育医療センターの医師が調査して論文を発表しています。それによるとある程度の発生頻度はあるものの明らかな因果関係は認めない・・・ということになっています。ここで問題になるのは第1世代と呼ばれるかなり古いタイプの抗ヒスタミン薬です。これらはいわゆる眠くなるタイプのもので中枢神経系に作用があるといわれています。一部の子供でこれらの抗ヒスタミン薬がけいれんを引き起こしている可能性は否定できず、薬のせいではあるもののやはり、個人差と言わざるを得ません。なので、今までのけいれんでその時に抗ヒスタミン薬を飲んでいたならば辞めてみるのも一つですし、逆に飲んでいて起こしたことはないのであれば心配は要らないかもしれませんね。僕はその子のそれまでの病歴から判断してあまり因果関係がなさそうであれば使っていました。でも、鼻水を抑える以外に咳にも効きませんし、逆に口が乾いたり、痰が硬くなったりするので敢えて使う必要はないともいえます。
| Dr.TERU | 2008/07/05 9:43 PM |
 オーストラリア〜〜〜!!!! 
 とっても素敵な写真、ありがとうございます〜〜!!!

 大学の卒業旅行でオーストラリアに行きましたが、本当に良いところですよね!今となっては遠い思い出…?写真見ながら、なんだかディズニーランドにこんな山があったなぁ〜と思っちゃいました。発想が貧相です(><)

 良い所ですよね、本当に。私は乗馬をしているので、オーストラリアは一種憧れの地です。馬に乗って海岸やこんな湿地帯、エアーズロック辺りを疾走してみたいです!!!

 行きたくなりました〜〜!!!
| うまうま | 2008/07/06 4:41 PM |
おかえりなさい! ワニの迫力写真! ひょー行ってみたいけど、「自己責任」の二文字は大きいですねぇ・・・って、川を車で渡ったんですか? 大雨に40センチほど溜まった水溜りを通るだけでも冷や冷やものなのに、所変われば・・・ですねぇ。 ご家族が感染で大変でしたね。以前に比べるとかなり活動力が高まってますよね。 私も人ごみや、プールを避けてきましたが、「行こうかな」と思えるようになってきたところから、子育てに慣れてきたし、子供も自分のことが言えるようになってきたおかげでしょうね。 何より、無事戻られたこと、感謝です♪ 
と、風邪のひき始めにに「抗ヒスタミン剤」が処方されるって?! う〜驚きますねぇ。先日、テル先生にアレルギーの薬のこと聞いてたので、?マークが頭の中よぎってます。 古くからある薬だから大丈夫ということは無いんですね。

素敵な写真見せていただきまして、ありがとうございました! 「蚊」がいなければ行きたいなぁ〜。 
| みのほ | 2008/07/06 6:33 PM |
抗ヒスタミンの件、早速教えていただいてどうもありがとうございます!!抗ヒスタミン薬の中にもいろいろとタイプがあるのですね。「なるほど!」といった感じです。TERU先生のように「良いOR悪い」だけでなくて、わかりやすく説明してくださる先生は、素人ママにとってとてもとても心強い存在です!ありがとうございました。
これからも、ブログ楽しみにしています!




| mi-mama | 2008/07/07 12:19 PM |
うまうまさん:よ〜く道端に馬が通るので注意と言う看板があります。警察官もよく馬に乗って現れますし・・・。ぜひ、訪れてくださいね。
みのほさん:蚊は朝方と夕方のみで昼間は暑いので出てきません(笑)。ぜひ、一度、行く価値はあるところですね。確かに子供が大きくなるとちょっと出歩きたくなりますよね。早く、熱性けいれんが終わって子供たちを連れて冬でもいろいろ歩き回りたいです。
mi-mamaさん:患者さんに合わせていろいろな選択肢はあると思います。画一的な治療は絶対に合わない人が出てくるので。できるだけたくさんのオプションを提示してあげられればと思います。もちろん、譲れない部分もあるんですけどね。
| Dr.TERU | 2008/07/07 3:00 PM |
確かに写真だと本物よりのっぺりしちゃうけど,凄いんだろうなぁって想像できますよ。
きっと吸い込まれそうな景色なんでしょうね。

私は1年限定のオーストラリア滞在なのですが,いろんな自然を見てみたいなぁと思っています。
カカドゥ国立公園も見てみたい!
あと西オーストラリアのシャーク湾に行って,ストロマトライトも見てみたいです。
本当に行けるのなら,独身時代に貯めておいたお金を崩しておこうかと思ってたりもします。
でも1歳前後の子どもを連れて,本当に行けるのかなぁ。
あぁ,大迫力の景色とワニを見てみたい!!
| NELL | 2008/07/07 4:23 PM |
NELLさん:うちも本当に貯金を切り崩しです。日本に帰ったら、また来るのにますますお金がかかるのでこちらにいる間に・・・と思って無理しています。タスマニアもよかったですし、あとはウルルとケアンズにだけは一応、行って帰国したいと思います。ケアンズは日本人だらけとのことですが、それよりもグレートバリアリーフを見なくてはと思いますしね。
| Dr.TERU | 2008/07/07 6:27 PM |
早速、家も熱を出しましたぁ。
調子に乗って、2日連続でプールに連れて行ったのが原因か(?)診断は手足口病でした。 
昨日の夕方手の指に出来た湿疹一つは気になってたのですが、深夜、38度の発熱。朝には37度台前半になったものの、またもや今日の夕方には38度。 ひゃー。痙攣の心配はすくなくなったものの、上がったり下がったりは初めてなのでオロオロしています。 
ウィルスなのでおとなしくしているのが一番なんでしょうか。 後は、水分補給と。 口の中も出来ているので痛いようで、野菜スープにパンをひたして食べています。 幼稚園には医者の許可が下りてから登園できるとのこと。

何か注意点があったら教えて下さい!! お願いいたします。
| みのほ | 2008/07/07 7:46 PM |
みのほさん:手足口病は口の中がやはり、痛いので熱すぎず、冷たすぎない人肌のものが一番よいです。水分、塩分、糖分が基本なのでがんばってください。通常は3日以内で落ち着くはずです!そして、手足口病は本来ならば風邪なので医者の登園許可証は要らないんですけどね・・・。熱が下がれば十分です。がんばれ!
| Dr.TERU | 2008/07/07 11:07 PM |
ありがとうございます! 冷たいものがいいと思ってましたが、人肌ですね。 了解。頑張ります。
3日以内・・・長く感じますねぇ。トホホ。
肘や・膝・お尻にもでてきましたよ〜。 突発性湿疹以来の沢山の湿疹で焦りましたぁ。 
そうかぁ、風邪なんですか。 フムフム。 恐れず養生ですね。 ありがとうございました!
| みのほ | 2008/07/08 8:05 PM |
ワニの写真すごいです!

Don't risk your lifeの看板もストレートで分かりやすくていいです。やめとこ…って思いますもんね(笑)
| トレ | 2008/07/30 3:36 PM |
トレさん:やはり、シンプルで真意が伝わりやすいのが看板の第1条件ですねぇ。
| Dr.TERU | 2008/07/30 3:40 PM |
コメントする