<< 硬い耳垢は取れるか! | main | Kakadu National Park in Northern Territory(北部準州にあるカカドゥ国立公園)に行って来ました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
アデノウイルスかぁ?
旅行から無事帰ってきました。

まず、旅行初日の夜に次女がいきなり、39度の発熱・・・解熱薬を飲ませてすぐに元気に・・・翌日の夜にまた、39度近くまで上がったと思ったら、すぐに下がって終わりました・・・。旅行最終日に一番出てほしくない長男が39度まで上昇・・・一緒に寝ていた僕も熱はないものの全身の痛みが・・・。そして、帰宅途中の空港で長女が39度まで発熱・・・。長女も1回の解熱薬ですぐに解熱。最後にはいつもはとても強い妻が全身の痛みに襲われる・・・。幸いにして旅行には大きな影響がなく楽しめました(後日、写真を載せますね)が・・・

全員に共通しているのは何となく、おなかの調子が悪くなる、高熱がでる、感染力が強い、咳鼻は強くない、そして、喉が痛い・・・。

いつも熱が長い長男は今日で3日目の高熱に突入・・・幸いにしてけいれんから間逃れてはいますが・・・。早く下がらないかな・・・。

この感染力の強さと症状からはインフルエンザか、アデノウイルスか、というのが僕の推測です。ただ、こちらの季節は冬なのでインフルエンザかな〜でも、いろいろな臓器症状:咽頭痛、胃腸症状、高熱・・・の割りに咳と鼻がひどくないことから考えるとアデノウイルスかな〜と思っています。でも、ここは冬なのでインフルエンザかもしれません。この辺は難しいところですね。

アデノウイルスは非常に多くの型があるのでたいへんです。また、体中のどこの臓器にも炎症を起こしてきます。これはロタウイルスなどとは違いますね。有名なのは咽頭結膜熱(プール熱)、流行性角結膜炎(流行り目)、咽頭扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎、膀胱炎・・・と何でも起こします。潜伏期間は非常に短く、罹患期間は比較的長い、典型的症状はなく、どこでも症状を起こします。そして、熱が高く、長い傾向にあることがいえます。やっかいですね・・・。早く長男の熱が下がりますように。落ち着いたら、旅行の話を書いてみたいなぁと思っています。
カテゴリ:ちょっと気になるこどものこと | 12:43 | comments(9) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 12:43 | - | -
コメント
はじめまして。今年にはいってから拝見させていただいています。医療のこと、ご家族のこと、海外での生活のこと、いろいろ楽しくまた時には考えさせて頂きながら読ませていただいています。
今日は、息子の予防接種の相談をさせてください。小学一年の息子は生後三か月から四歳までをアメリカで過ごしました。そのため、BCGの接種をしていません。入学後、ツ反の検査をするよう教育委員会からの手紙をもらい行ってきました。(保健センターで同じ様にBCGをしていない子どもたちを対象に行ったものです。生後六か月未満の子がするのとは別にもうけられたようです)
ツ反の結果は、陰性。私としては陰性ならBCGを打つものとばかり思っていましたが、判定をしただけでBCGはしませんでした。判定をした先生に聞くと、受けたければ実費で受ければいいけれど、日本で生活する分には受けていなくても大丈夫とのこと。公費では出来ませんとはっきり言われました。
私としては、実費だとしても必要ならばうけなくてはと思っています。しかし、受けなくてもいいと言われるとどうしたものかと・・・・判定だけするために、学校を二日遅刻したのかと思うと?????がつのります。さらに、このままだとまた来年も検査に行かなくてはいけないようです。
TERU先生は、BCG接種をするべきだと思いますか?小児科医としてでも個人としてでもよいので先生の見解をお願いします。
長くなり、すみません。よろしくお願いします。
| ともすけ | 2008/07/03 3:14 PM |
先ほどはわが子のことばかりですみません。
大変な旅行になってしまったようですね。早い回復を願っています。旅行の記事も楽しみにしていますね。
| ともすけ | 2008/07/03 3:18 PM |
大変でしたね^^;でも旅行が楽しめたようで何よりです。

アデノウィルス怖いですね。。
というかかかりたくないウィルスその1って感じです^^;
罹患期間が長いというのがくせ者ですね。
熱が上がってもすぐ引いてくれるならホッとするのに。
息子さんのお熱早く良くなりますように。

そうそう、こっちではプール熱が流行り始めたようです^^;
| ももち | 2008/07/03 4:25 PM |
ともすけさん:日本にいる限り大丈夫と言う説明はおかしいですよね。日本にいるならば大丈夫ならばなぜ、いまだに新生児全員にBCGをするのか?ということになります。基本的には日本はいまだに結核患者が他の先進国に比べて多いのでBCGを接種しています、今の70歳代の方たちが亡くなられる20年後にはかなり、結核の患者数は経るのではないかと思いますが、しばらくは高齢者からの結核感染はありえると思います。ただ、必要性が下がっていることは事実で、小学生のツ反で陰性者は直ちにBCGを接種していたのが、しなくても良くなったのがここ数年の法改正です。あとは運と頻度なのですが、個人的には結核に感染する危険性だけをみればBCGを無理に接種する必要性はないように思いますが、日本が他の先進国より結核患者が多いと言う事実とBCGをお子さんが接種していないと言うのは日本の医師にとっては想定外のことなのでお子さんに関する情報として医療従事者に伝える必要がある場合があることを頭に入れておけばよいと思います。個人的な意見です。いろいろ今後が面倒だなぁ・・・と思われるかもしれません。その場合はもちろん、接種されてももちろん、良いと思います。
| Dr.TERU | 2008/07/03 4:34 PM |
ももちさん:おかげさまで旅行は十分、楽しめましたし、熱による影響はありませんでした。最終日に長男が熱を出したのは幸いだったかもしれません。アデノはいやですねぇ。
| Dr.TERU | 2008/07/03 4:35 PM |
早速お返事ありがとうございます。とてもよくわかりました。先生の最後に言うように接種しないままだといろいろ面倒だな、というのは本当によく感じます。結核の問診表も年度初めに必ず提出しますし、それによって毎年ツ反を受けなくてはいけないのかと思うと・・・この話を聞いた私の母も受けた方がいいとすすめていますし。
ただ、急いでというつもりはないのでいろいろな情報を得てから決めたいと思います。また、いろいろ相談させてください。
ありがとうございました。
| | 2008/07/03 9:10 PM |
先生、旅行お帰りなさい。
大変だったようですが、無事楽しめたようで安心いたしました。

アデノってそんなにいろいろな型があったのですね。
実は今年から息子が幼稚園に行きだして、
周りのお友達が次々アデノにかかったのです。
しかし、一人は嘔吐下痢、別の子は結膜炎…
と言ったように症状がばらばらなのには不思議でした。
先生のブログをよんで、今すっきり〜解決しました。

幸いうちの子は去年までずっと保育所暮らしでしたので、
免疫があるのか全く病気知らずです。
実は2年前までは先生によく診ていただいてました。
ふと先生が病院からいなくなってしまって、
親子ともどもとても寂しかったのですが、
今こうして再会できて本当に嬉しいです。
そして、先生のブログを読んでいると、
育児や私生活に行き詰った時、
なんだかすごく頑張れるんです。
これからも応援しています。
| ふうまはは | 2008/07/03 9:11 PM |
センセー
おかえりなさい〜

ものすごい感染力ですね。
旅行に影響がなかったというあたり
すごいなぁと感心してます。

アデノウィルスは結構お世話になってると
思いますね・・・嫌いなんだけど・・・。
大体自分に全身痛が
くるときはアデノかインフルかって
思っているくらいなので・・・・

お疲れ様でした。
ご子息早く解熱しますように。

旅レポ楽しみにしてます。
| チョコひげ | 2008/07/03 10:49 PM |
ふうまははさん:こんにちは・・・え!もしかして、僕が診てました?ドキドキですね。僕の医者としての姿を知っている人は数少ないので・・・。よく僕だとわかりましたねぇ・・・。あと半年ちょっとで帰りますので・・・。一応、匿名と言うことで・・・。でも、アデノはホントに小児科医泣かせなんですよ。いろいろ何でもアリですからね。特に小さい子にはインフルエンザよりもきついかもしれませんね。
チョコひげさん:おかげさまで今朝からみんな復活ですよ。アデノか、インフルはいやですね・・・。さ、また、がんばるぞぉ。
| Dr.TERU | 2008/07/04 7:52 AM |
コメントする