<< 医学教育とサーベルタイガー!? | main | くやしい・・・気持ち。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
無罪判決
マスコミでも騒がれていますが、福島県の大野病院で起こった一連のことで無罪判決が出ましたね。医師や看護師などが書いているブログではこぞってみんなこの話題を取り上げています。

僕自身は実際の現場で感情的な面から医師と遺族側にどのようなことが起こったのかわからないので、個人的にはなんともコメントできませんが、客観的な事実として

医師の罪は業務上過失致死でしたが、本来、結果の完全な予測が不可能であることが多い医療行為に対して、「結果が予見出来たにもかかわらずそれを回避しなかったこと」を罪とする業務上過失致死罪の適用はやはり、おかしいことであり、これがまかり通るならば出産を始めとするリスクを伴う医療行為を引き受ける医者は存在しなくなるという論調は正しいと思っています。例えば、このブログでも医療相談をされることが多いのは皆さんもご存知ですが、人の病気はどういう経過をたどるのか予測するのは非常に難しいのが実際です。それをこれまでの医師の経験(ある意味、教科書も経験と実験に基づいていますが・・・)をもとにアドバイスをしたり、治療をしたりするわけです。医師も患者さんやそのご家族を苦しめるためにわざと誤った治療をすることはないわけで(起こった後に隠蔽しようとしている人はたまにいますが・・・)、そういう意味でこの業務上過失致死という罪状は僕もありえないと思うわけです。

加えて、この医師を逮捕した警察署がこの件に関して、よく逮捕したと判決前に表彰されているという事実です。結果的には裁判所が下した無実の人を逮捕して表彰されていると言うのはおかしくありませんか?有罪か、無罪か分からないうちにその逮捕劇に関して表彰する警察庁も警察庁だと・・・という批判も多く上がっています。警察は悪い人を捕まえるのが仕事です。それが、逃亡の危険性も少ない、まさに病院で勤務しているその医療現場に警察官が現れ、その医師の患者さんや一般人の目の前での逮捕でした。そんな必要性があったのでしょうか・・・ね。しかも、有罪確定となっていないのに表彰状まで送るとは・・・。信じてあげたいですが、こうなるとこういうことをする警察が信じられなくなるとも思うわけです・・・。

ただ、この事件が与えた影響は計り知れないものがあります。この患者さんに起こった出来事の確率とその処置の妥当性から見ると大部分の医療従事者からは

「それで逮捕されてしまうんだったら、もともと労働に見合わない報酬なのに、医者なんてやってられない・・・」

という意見が大半だったのです。一生懸命、人を助けようとがんばっているんですけど報われない・・・という職業にはしたくないですねぇ〜。
カテゴリ:日々のつぶやき | 15:23 | comments(15) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:23 | - | -
コメント
私もこのことに関してはよく知らないのですが,ニュースを聞いて正直ホッとしました。
ここのところ急激に産科が減ってきているのを身をもって経験しましたが,ここで有罪判決が出たらもっと事態が悪化すると思ってました。
訴訟が起こされたからには,ニュースにはならない何かが当事者間にあったのかもしれませんが,世間一般に広く影響するのは,判決そのものです。
遺族は世間の反応がとても辛いかもしれないけど,私は「引き受けてもらえる!」と正直に思いました。

裁判の結果って恐ろしいです。
学校(高校)の話ですが,今は授業中に暴れる生徒を辞めさせることはできません。
それどころか,自宅謹慎にすることもできません。
詳しい話はネット上なので避けますが,とにかく手も足も出せません。
それで落ち着いた学校にしろと言われても困ります。
仕方がないので,難しそうな子どもは最初から引き受けないということになります。
どこかで起こっていることと似たようなことが,学校でも起こってます。
| NELL | 2008/08/20 5:47 PM |
助産院で出産しましたが、分娩予約の際に「お産は何が起こるかわからない」というような内容の文書をもらい承諾書に署名捺印し提出しました。出産とはそういう覚悟で臨むものだと思っておりました。今日の判決はまっとうなものだと感じました。
| くまちゃん | 2008/08/20 8:20 PM |
私は無事に出産して、こうして元気に暮らしている身なので、出産で亡くなった人やその遺族の気持ちは本当には分からないと思いますが、出産を二度体験してみて、 
「出産とは命を懸けた行為」なのだと本当に感じました。
だからもし、自分がそういう立場になっても全くおかしくないと思っています。
お医者さんがいれば絶対安心だなんて微塵も感じませんでした。
医者は出産を手伝う立場であり、基本的にはその妊婦さんの生命力と赤ちゃんの生命力で生まれてくるものだと思います。
帝王切開で数百グラムの赤ちゃんまで生まれて育つようになった世の中だからなのでしょうか。医師への過剰な期待は禁物だと思います。私はこれから産む人たちへ良くそんな話をします。
私もこの判決を聞いてほっとして良かったと思いました。

もうこれ以上、産婦人科がなくなるような状況は本当にごめんです。私の友人たちもお産をする病院探しに四苦八苦しています。もっと早くこの判決が出ていればよかったのにとも思います。
| こぎふさ | 2008/08/20 10:57 PM |
先日は丁寧な説明をして頂き勉強になりました。ありがとう御座います。あれから子供達の過去の薬を調べてみて様々な抗生物質を飲んでいる事に気づかされました。サワシリンやオラスポア、エリスロシン、ミオカマイシン、クラリシットなど様々です。(アリメジンは必ず処方されているし)正直薬の知識の無い私には???です。
少しでも薬を理解しておかないとと考えさせられました。
今回の産婦人科医の判決ですが私はこれで良いのではないかと思っている一人です。今の医療ならこんな事故起こらない筈…。無事に産まれるはず。誰もがそう願ってますものね。でも出産は危険な事も多いし母親も覚悟が必要だと思うんです。医師一人をと言うのはどうかと思いますね。
| ふじかづ | 2008/08/21 1:08 AM |
NELLさん:学校ではそんなことが起こっているのですね。最近、体罰はどんなに些細なことでもすぐに追及されるのは報道されていて先生もやりにくいだろうなぁと思っていました。教師は物事を教える職業であり、ある意味、厳しく無いといけない部分もあると思います。ここオーストラリアでも先生は基本的に生徒に触れてはいけません。ハグすらしてあげてはいけないと言うこともあり、こちらの教師もやりにくいようです。
くまちゃんさん:承諾書が医療従事者が失敗した時の保険のようになっているのがとても残念です。本来は患者さんへの危険性を説明するためのものだったはずなんですけどね・・・。
こぎふささん:本当に産科を探すのがたいへんな世の中になっていますね。国は人口減と騒いでいますが、医療費抑制ではなく、そういうところにお金を入れて欲しいものです。
ふじかづさん:風邪薬というとなんでもとりあえず、はいっていることが多いですよね。医師も患者も考えなくてはいけない時代なのかもしれません。
コメントありがとうございます。皆さんに共通している認識としてお産は決して安全なものではないという事実が分かってもらえただけでもよかったと思います。医療の進歩で助けられる妊婦さんや赤ちゃんが昔に比べると増えただけであり、危険性そのものは減っていないんですよね。医師も患者さんも医療は危険と隣り合わせであることを再認識しなくてはいけないということを考えさせられた事件だったと思います。
| Dr.TERU | 2008/08/21 8:20 AM |
私は今年の1月に長男を出産したんですが、予定日より20日程早く破水してしまいました。初めての出来事で、パニック状態になりましたが、その日は日曜日で旦那が家にいたのが幸いでした。
無事出産できましたが、出産には思いがけないこともあり、すべてが予定通りうまくいくものではないと感じました。
出産に関しては医師に任せておけば大丈夫というのではなく、出産時のトラブルや危険性も隣り合わせであると思います。本当に出産は『命がけ』と友達に言われたことが分かります。
でも最近は公立の病院でも産科医の不足などで、産科を閉鎖している病院もたくさんあります。自分の子供たちが出産を迎えたときに、十分な医療体制が整っているのか不安になります。

話が変わりますが、現在6ヶ月半になる男の子がいるのですが、4ヶ月検診のときにBCGの予防接種をうけました。現在、BCGの跡はかさぶたのようになっていて、その周りの皮膚の一部が荒れてカサカサになっています。
それと、首周りや手足のくびれにブツブツが出来ていて、あせもだと思うんですが、最近になり体や手全体にブツブツが出来ています。発熱はありませんが、一度病院に連れていって診てもらう方がいいのでしょうか?
| sake | 2008/08/22 12:08 AM |
生後6ヶ月の時点で4ヶ月に接種したBCGのあとはその程度が標準だと思います。正常ですね。首や手足のくびれの湿疹は体全体に広がってきたということなのであせもの可能性が高いと思いますが、もし、とてもかゆがるようでしたら、乳児湿疹などの可能性も含めて受診してもよいと思います。ただ、こまめなシャワー浴などでよくなるようでしたら、あわてなくてもよいと思います。ちなみにお産はやっぱり怖いものです。小児科医にとっても・・・ですね。
| Dr.TERU | 2008/08/22 7:18 PM |
Teru先生

初めまして。
アメリカで3人の娘を子育てしています。
3人目は数週間前に産まれたばかりです。

次女の尿路感染症に関して検索していたら
先生のブログにたどり着きました。
2006年の膀胱尿管逆流にご注意という
トピックにたどり着いたのですが、
そこに質問をしてよいのか、一番新しいトピックの方が
よいのか分かりませんでしたので、
念のため、一番新しい、ここで質問させて頂きます。

現在4歳半の娘は、1歳半の夏、日本に里帰りしている時、
アメリカに帰る前日に、尿路感染症と診断されました。
フロモックス(たしか)を処方され、粉だったのと、
アメリカに帰る前日で次の日は飛行機の中だったりで、
うまく3日間分の抗生物質が飲みきれなかったのかもしれません。
アメリカにかえって来てからも血尿が止まらず
(症状は血尿だけでした。熱も愚図る様子もありませんでした。当時、おむつをしていました。)
こちらの小児科で見てもらって、あちこち検査をすることになりました。
結果、膀胱尿管逆流症が見つかり、グレード2と3だということが分かり
1年間、抗生物質を毎日飲ませていました。
1年後の2歳半の時のVCUGでは結果が全く同じで
当時の小児泌尿器科の先生は、「もう手術しましょう」と言い出しました。
それも、当時まだアメリカで認可されて5年くらいの
ヒアルロン酸を入れる手術で成功率は70%程度。
治る場合もあれば、治らない場合もあり、その先生自体
まだ2年ほどしかやっていない手術。
もともと、その先生と相性がよくなく
信頼出来なかったかもしれませんが、他に選択を与えてくれるのではなく、
自分の経験のため(少なくとも私たち夫婦にはそう感じました)だけに
娘にその手術をしたいように思えて、その先生に戻ることはありませんでした。

それから、娘は抗生物質を飲ませていませんでしたが、
尿路感染症を起こすことなく2年が過ぎましたが、
先日、排尿の際に痛みを訴えるようになり、慌てて
小児科に連れて行ったところ、尿が感染していたので
尿路感染症と診断され、リフロックスを持っていることを
伝えたら(最近引っ越しの際に変えた小児科です)
慌てて、超音波で腎臓を検査してくるように言われました。
そして、泌尿器科にも会って、VCUGをするようにと言われました。

すぐに予約を取りましたがここはアメリカ、なかなか
すぐに診てもらえなくて、超音波は25日、泌尿器科は29日です。
泌尿器科は、今回、新しく紹介して頂いた先生です。
その先生のご意見もしっかり伺ってみるつもりですが、
今回TERU先生にご相談したいのは、1歳半で尿路感染症を起こし、
1年ほど抗生物質を飲んでいたけども、その後やめて、
(これは「勝手に」なので、先生たちはみんなお怒りになるのですが。汗)
3年後にまた尿路感染症を起こした場合、
これは「頻繁に尿路感染症を引き起こしている」とお考えになりますか?
また、今回、2年ぶりに多分VCUGをすることになると思うのですが、
(当時はまだ小さくて、検査が本当に大変でした。
今回はもう4歳なので、だいぶんましになってると願いたいのですが)
治ってない場合(グレードが多少下がっている、あるいは、全く変わってない場合)
先生なら、手術をおすすめになりますか?
それとも、もう少し様子をみても大丈夫だとお考えになりますでしょうか。
ちなみに、1歳半の時と2歳半の時のエコーでは、腎臓に異常は診られませんでした。

親としてはなるべく娘の負担が一番少ない方法を
とってあげたいと思うので、なるべくなら
手術は避けたいです。
でも、必要ならばするしかないと思っております。
手術になった場合、先生はヒアルロン酸注入の術法について
どう思いになられますか?あくまで個人的な意見で
結構ですので、参考に先生の意見を伺えるとありがたいです。

まずは次回のVCUGをしてみないと分からないのですが、
一番なのは、自然に治ってくれていると本当にいいのですが。

大変長くなってしまって申し訳ありません。
お忙しいとは思いますが、ご意見頂けると
大変幸いです。

| 3姉妹ママ | 2008/08/24 3:28 AM |
3姉妹ママさん:その国その国で対応が違うのかもしれませんが、今の頻度から言えば決して、高頻度とはいえないと思います。なので、今度の結果次第ですが、もし、Grade分類でまったく改善していないようでしたら、手術という選択は出てくると思います。でも、少しでも軽くなっている所見がしっかりと出ているようでしたら、6歳まで粘ってみてもよいのではないかと思います。4歳という年齢はトイレのあとでだんだん、親が拭くのではなく、子ども自身が拭くようになる年齢です。そのため、膀胱尿管逆流がなくても尿路感染症が実は多い年齢でもあります。なので、今回の尿路感染症は膀胱尿管逆流はまったく関係しておらず、普通の子でも起こる膀胱炎(発熱していないので膀胱尿管逆流による腎臓への細菌の進入はしていないと思われます。)だと思います。さらに放置して熱が出れば膀胱尿管逆流による腎臓への感染ということになりますが、今回は未然に食い止められているようです。そう思うと膀胱尿管逆流はあまり、深刻ではない可能性も高いかもしれません。なので、個人的には検査結果次第ですが、就学年齢まで待ってもよいかなぁ・・・と思います。これも個人的な見解なのでなんとも言えませんが、参考程度に聞いてもらえればと思います。ヒアルロン酸の注入は2006年に日本でも認可された方法(日本ではほかのものを使っています)ですが、ヨーロッパでは90%がこの方法でまず、治療されています。成功率は60〜70%程度で、再発もありえますが、患者さんに対する負担が少ないので特にかなり、実績のあるアメリカでは心配なく受けられるのではないかと思います。ただ、僕自身は日本の医者なのであまり、経験がないのでなんとも言えません。もし、これでだめならば手術という考え方でもよいのかもしれませんね。
| Dr.TERU | 2008/08/24 7:08 PM |
返事が大変遅れて申し訳ありません。
先生、コメント有り難うございました。
来週、小児科へ行く予定があるので、その時に一度診てもらおうと思います。
| sake | 2008/08/24 9:57 PM |
Teru先生

御丁寧なお返事ありがとうございます。
実は、逆流症を持っているため、トイレにはとても敏感で
大、小関わらず、私が毎回娘を拭いていました。
でもちょうどこの9月から2時間半ですが、PRE-K(幼稚園)が始まり、
三女も産まれたところでしたので、おしっこだけは
自分でふけるように練習している矢先の尿路感染症でした。
あと、ちょうど、尿路感染症を起こす、2、3日前、
おしっこを我慢して、パンツをぬらす事が、2、3度ありました。
今回の、尿路感染症はそれらと関係しているのかもしれないですね。
先生からも、リフロックスとはあまり関係がないようだとお伺いし、
少し気分が楽になりました。
いつも心の片隅で、次女がリフロックスを持っている事が
気がかりですので。
まずは次回のVCUGの結果次第ですね。

あと、ヒアルロン酸注入の手術の方ですが、たしかに
以前の小児泌尿器科の先生も患者の身体への負担が
軽いとおっしゃっていました。2年前の2006年の時点で
ヨーロッパで7年、アメリカで5年この方法が取られていると
言っていました。ヨーロッパでは90%がこの方法なのですか!
あと、検索していましたら、日本ではテフロン、ヒアルロン酸という
言葉が出て来たのですが、ヒアルロン酸は美容整形にも使われるということ
以外あまり聞いた事がないのですが、人体には問題がないものなんでしょうか。
たった7年やそこらで、その後の副作用など分からないのでは、と
とても心配だったんです。あと、もしもテフロンが使われるのでしたら、
あの、フライパンなどに使われてこげると有害物質が出る、
あのテフロンですか?
先生は今、オーストラリアにいらっしゃるのですよね?
オーストラリアでも、逆流症の手術は、最近では、
このヒアルロン酸注入等の術法が一般的ですか?

こうして、インターネットを通して、小児科の先生に
相談が出来るというのはとても心強いです。
また、私の母国語の日本語で相談出来るというのも
うれしいです。
お忙しい中、本当にありがとうございます。
| 3姉妹ママ | 2008/08/24 10:22 PM |
3姉妹ママさん:オーストラリアでもこの治療が始まったのはここ数年のようです。やはり、アメリカとヨーロッパのデータを判断材料として用いてGoサインが出たようです。政府から資料が公開されていました。なので、基本的には低Gradeの治療として一般的に用いられるようになってきている様子です。ヒアルロン酸は基本的に間接の潤滑油としてもともと体内で作られます。それを人工的に合成して作ったものなので基本的には人間由来の元は違うのですが、かなり長期間、ひざの治療などにも用いられているので現時点ではあまり、問題ないように思います。ほかに使われているコラーゲンも同じような類です。テフロンは・・・確かに文献に書いてありますね。あのテフロンだと思います。ヒアルロン酸やコラーゲンのほうがまだ、安全のように思えますが、正直、僕もこの辺の知識には明るくありません。また、勉強しておきます。あくまですべて僕の個人的見解なので、それでもよろしければまた、コメントくださいね。
| Dr.TERU | 2008/08/24 10:47 PM |
この事件、やはり注目されていたんですね。遺族の無念を思うとつらい結果ですがやはり判決は妥当だったのかな、と思わなくはありません。判決と感情は別ものですもんね。私も初めての出産は前置胎盤で8カ月のときに腸閉塞を起こし、それにより切迫早産となりかかりつけの個人病院から大学病院に搬送されました。そしてそこで治療を受けた日の夜、突然出血してしまいNICUのある病院に再度搬送。子供も1600g程度しかなく主人は深夜に搬送の連絡を受けダメかと思ったそうです。次の搬送先となった医療センターですぐに内診をしてもらいこれまであまり重要視されていなかった前置胎盤を指摘されその場で緊急手術となったときの同意書を書かされました。出血死の危険も説明され最悪の場合子宮摘出もありうるといわれそれも承諾の上での同意書でした。運よく絶対安静の入院を37週まで続け、帝王切輸血も用意しながらも開で出産することができました。子宮を摘出せず輸血を用意しながらも使用せずに済みました。事前にきちんと説明を受けていたこと、その病院が県内でも有数の周産期センターだったこともあり子供がダメでも、また自分の命がなくなっても家族は訴えることはなっかったでしょう。反対に初めに搬送された大学病院では8か月の切迫早産なんかうちで生まれても診られないと救急車のベッドに乗ったままの状態で言い放たれ、前置胎盤だと申告したらこれまたどの程度の前置胎盤なのかとしつこく聞くだけでその医師は一度も自分の目で確認しませんでした。そしてそのまま腸閉塞を改善するための薬を次々と投与。その晩の大量出血となったわけです。もしこの医師のもとで子供がダメになっていたら私は訴えたかもしれません。お産は病気ではないけど必ずしも安全ではないのです。昔からお産で命を落とす人の話は聞きます。それを訴える、訴えないとなるのはその時の医師や病院の対応に起因するのではないかと思います。今回の事件もそこが遺族感情の核なのではないかと思います。出産した病院はどんどん他の病院から搬送されて来る妊婦で産科病棟のベッドが足りなくなり、外科病棟に一時収容される妊婦もいたほどです。私を診てくれた先生は、何日お風呂入ってないの?と思うくらいにおいがして、若い女性医師は自分が切迫早産する夢を見ちゃった、と話すくらい連日連夜の出産をこなしていました。そんな先生方をみると本当にありがたく思います。そのとき生まれた子供は今年4歳になりました。たくさんの人に助けられて生まれた娘です。多くは望まないけれど健康で、そして助けられた恩返しができるように人を助ける生き方をしてほしいなと思っています。
| ぷうちゃん | 2008/08/25 11:03 AM |
ぷうちゃんさん:貴重なコメントありがとうございました。ある研究者によると医療訴訟の大部分は日頃の医師ー患者関係が良好であれば回避できる場合が多いと言われていました。つまり、日頃の医療従事者側の態度を患者さんがわかっていれば何らかの医療過誤が生じた場合にも訴訟に発展せずに事態は終息する可能性が多いわけです。もちろん、だからといって医療過誤は許されないことですが、日常の信頼関係の重要さが理解できる気がします。そして、やはり、救急外来などではそういう突然現れた患者さんに対し、緊急の対応をするわけですから、必然的に訴訟のリスクは高くなりますよね。訴訟の影におびえながらの仕事はなかなかつらいと思います。でも、シャワーぐらいは医者もしなくちゃいけませんね・・・。
| Dr.TERU | 2008/08/25 11:19 AM |
Teru先生

早速のお返事ありがとうございます。
心配していたヒアルロン酸注入の件でしたが、
かなり長期間、他の部分での治療に使われて来ていると
伺って、だいぶん安心しました。
前の泌尿器科の先生に聞いても
「ああ、大丈夫、大丈夫。ヒアルロン酸は
身体にももともとあるものだから大丈夫!
副作用?さてねぇ〜?」と
すごく簡単に答えてくれただけでしたので、
どうも「うさんくさいな〜」と先に思ってしまいまして。
でも、先生からこういう風に説明していただけると、
なるほど!それなら、手術をするよりかは、
たしかにだいぶん負担は少ないだろうなと思いました。
全身麻酔をしなければいけないのは変わりませんが
メスで身体を切るのと切らないのとはずいぶん違いますものね。

オーストラリアでもここ最近なのですね、
この方法が取られだしたのは。
明日、腎臓と膀胱のエコーを撮ってきます。
そして、金曜日に泌尿器科の先生とお会いしましたら、
またご報告させて頂きますね。

先生にこうして気軽にご相談が出来る事
とても感謝しております。

小児科の先生にネットを通して相談出来るなんて
いいね、と報告した夫も申しております。

お忙しい中、本当にありがとうございます。
| 3姉妹ママ | 2008/08/25 11:40 AM |
コメントする