<< 無罪判決 | main | チャイルドシートとドアロック・・・そして、とんだ落しもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
くやしい・・・気持ち。
昨日は日本空手協会南オーストラリア支部主催の南オーストラリア州選手権でした。

うちの長女は去年のこの大会でPee Wee Class(ちっちゃい子供のクラス)でチャンピオンになったので言わば、Defending Championでした。でも、今回はちょっと状況が違います。というのは・・・

長女はこの1年半の間に少しずつ、昇級し、今年は2級でこの大会を迎えました。つまり、出場するレベルがJunior Brown Belt Class(17歳以下の茶帯のクラス:3級から1級)にあがっているわけです。オーストラリアは当然競技人口が日本より少ないのでこれくらい大きなくくりにしないとトーナメントが作れません。日本は年齢ごとでしたけどね。そして、このクラスには17歳の1級のこのクラスのNational Championがいるのですよ・・・。彼女は足を怪我していたのでこの1年、黒帯への昇段審査が受けられず、長女にとってはアンラッキーなことにまだ、このClassに留まっていたのです。

結果は・・・
型は2位で、組手は1回戦で3歳年上の男の子に負けてしまいました。組手にしても男の子も混ざっているのでスピード・体格的にはやはり、8歳のわが子には厳しかったかぁ・・・。と親は十分な結果に納得・・・。でも、本人は目に涙を浮かべて悔しそうにしていました。

僕「悔しかった?」

長女「うん(涙目・・・)」

きっとその悔しいっていう気持ちが上手になるための大切な要素なんでしょうねぇ。思えば、日本で空手を始めて3ヶ月で市の大会に出場。当然、1回戦で敗れ去った帰り道の車の中でわんわん泣いていた長女・・・その悔しさが彼女をここまでにしてきました。きっとまた、この敗戦でワンステップアップしてくれるのではないかなぁと微笑みながら見ていたのでした。たまにはくやしい・・・っていうのも子供が成長するのに必要かもしれませんね。日常の一こまでした。小さい挫折は大歓迎です。
カテゴリ:診療とは関係ないこと! | 11:30 | comments(3) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:30 | - | -
コメント
こういうのの積み重ねで
人は成っていくのでしょうね。
悔しい気持ち・・この底知れぬパワーを
信じて・・・がんばれ〜!!

頑張るわが子をみることができるのは
幸せですね〜
| チョコひげ | 2008/08/25 1:28 PM |
うぅ・・・。
私は超涙腺が弱いので、こんな状況だと一緒に泣いてしまいそうです。
だめだ、だめだ!涙腺鍛えなくては!

こういう経験って絶対糧となり、素敵な成長をしていくのだと思います!
いいお話ですね^^
| わんわん | 2008/08/27 12:29 AM |
チョコさん:子供は底知れぬパワーを持っているのは間違いないですね〜。一緒に武道ができるのはうれしいことです。ちなみに僕も茶帯になりましたよぉ。
わんわんさん:涙もたまにはよいですよ。子供ががんばっている姿には純粋に応援したくなります。素敵に成長していってほしいですね。
| Dr.TERU | 2008/08/27 10:06 PM |
コメントする